老人ホームの入居条件

食事をする老人

年齢は適しているか

老人ホームの入居条件は様々ですが、そのうちの1つが年齢です。一般的には60歳以上の方が対象になります。ただし、身体の障害によって介護が必要な方や、早期リタイアなどの特別な条件によっては60歳以下でも入れる老人ホームもあります。

十分な収入があるか

老人ホームには低所得者用の老人ホームもあれば高所得者じゃなければ入れないような老人ホームもあります。収入の度合いによって入居できる老人ホームは変わります。

要介護度のレベル

要介護度とは、日常的に何かしらの介助が必要な状態をいいます。要介護度のレベルは1から5まで分けられますが、このレベルによって入居できる老人ホーム、できない老人ホームがあります。

医療依存度

誰かの介助が常に必要だったり、医療による大きなサポートが必要な場合は、医療依存度が高いといえます。この医療依存度も入居の際に大事な条件になります。

老人ホーム入居までの流れ

まずは入りたい老人ホームを決める

福山にも様々な老人ホームがありますが、最初は、費用や希望から自分がどのようなタイプの老人ホームに入りたいのかを考え、実際に申し込みをする老人ホームの候補を決めます。実際に見学してみるのも1つの手です。

申請

実際に、入りたい老人ホームが決まったら入居の申請をしましょう。自分が入れる空き部屋があるか、入居決定まで仮押さえができるかなどを確認しましょう。

必要書類を提出

老人ホーム入居するには、いくつかの条件があり、その条件を証明するための健康診断書などの書類などが必要です。他にも入居までにいくつかの書類を準備する必要があります。

体験入居

ほとんどの老人ホームでは、体験入居することが可能です。実際に住んでみることで住みやすさや食事、スタッフの対応など見学だけでは見えてこなかったことが分かります。

入居開始

必要書類の提出も終わり、体験入居も満足度が高かった時は入居をスタートすることができます。老人ホームによっては退去条件もあるので、そういった契約内容もよく知っておくことが必要です。