どのように老人ホームを決めたら良いのか

最適な老人ホームを選ぶ

歳をとり、「一人で手助けなしで暮らすのが困難になってきた」、「一緒に住む家族に迷惑をかけたくない」という理由で老人ホームに住む方は多くなっています。しかし、老人ホームには様々な種類があります。自分に合った老人ホームを決めるために、老人ホームの選び方を知っておきましょう。

老人ホームの選び方

介護

暮らしたい地域を決める

老人ホームの選び方は様々ですが、まずは暮らしたい地域を選ぶことが重要です。福山などの昔から住んでいる地域にするのか、家族が会いにきやすい地域にするのか、または憧れだった地域にするのか、自由に決めることができます。

予算で決める

老人ホームの価格帯は様々です。とても広く様々な娯楽設備が備わっている老人ホームが良い人もいれば、生活に必要最低限の設備さえ整っていれば十分という方もいます。老人ホームの設備やサービス内容によって変わる費用をあらかじめ決めておきましょう。

運営状況を知る

近年では、老人ホームも増えてきていますが、その運営状況は各老人ホームによって変わります。財務状況や事業理念など、サービス内容だけではなく、その老人ホームがどのように運営しているか、倒産する心配はしないかなどを知ることが大切です。

スタッフの人数や質

老人ホームによって、スタッフの人数や質は大きく変わります。経験年数や介護実績が多いスタッフがたくさん働く所が理想的な老人ホームになります。

入居条件に合っているか

老人ホームによって入居できる条件は変わります。例えば年齢は何歳以下、要介護度はいくつ以下、など様々な条件があります。自分はその老人ホームに入れる条件を満たしているか調べる必要があります。